アンダーヘア 処理

デリケートゾーンは生やし放題でいいの?

アンダーヘアの処理は女子どうしでも、なかなか話題にしにくいもの。でも街中で聞いちゃいました♪

VIOラインを処理するのは女子として当然の身だしなみです。

アンダーヘアと一口に言っても、

  • Vライン
  • Iライン
  • Oライン

に分かれます。20代〜30代の性の良識として「絶対コレ」というものはなく

  • 海やプールに行く夏だけはしている
  • ブラジリアンワックスやエステでで完全脱毛
  • Vラインの形を整える程度

と人それぞれ。

 

ただ1回でも脱毛経験があると、デリケートゾーンだけに快適さがクセになってしまいます。「生理時にも清潔に保てる」「パートナーからウケがいい」というのが、大きな理由。結局アンダーヘアーの全処理をしたくなってしまうんですね。

 

ミュゼもVライン脱毛を体験脱毛で施術するようになりましたが、IラインとOラインは一般的ではないと考えがち。でもIライン&Oライン処理経験者は

  • 生理時に処理が楽
  • ムレない
  • おしゃれな下着をいつでも身に着けられる

といった理由からツルツルを推奨します。知ってしまうと、その状態をキープしたくなるんですね。自分で心地よいのはモチロンのこと、見えないところにも気を配る女子ということで、男子からもポイントは高い^0 ^

 

自己処理で注意しなければいけないのは、カミソリで剃ると肌触りが悪くなってしまうだけではありません。剃り続けていると黒ずみができるなど肌に負担を与えてしまうことになり、運悪く雑菌が入ると炎症を起こしてしまうことも。中途半端な生えかけはチクチクするうえに見た目も悪くて困りものです。ホント、お手軽なんですけれどね。ここで最もシンプルなカミソリからハードルの高いワックス脱毛まで、自己処理法のメリットデメリットについて解説します。

カミソリ

100円程度でたくさん購入できるものもあり、使い捨てと割り切れば毎回新品を使うこともできるくらい安いのが魅力。1,000円以下で上質のカミソリも買えます。剃る時の注意点は、石鹸を泡立てて塗りつけてから刃をあてることです。カミソリは手がかからないけれど、表面に出ている毛の部分だけを剃るので、すぐ生えてくきます。皮膚を剃らないように気を付けなくてはなりません。間違って皮膚を剃ってしまうと黒ずみになることも……IラインはOラインは雑菌が入ると炎症を起こしやすいので注意が必要ですね。生え始めるとチクチクザラザラしてくるのが難点。肌触りが悪くなります。だからデート前は上から剃るだけでなく、下からも剃って、さらに右からも左からも剃って、指で手触りを確認するという念入りな処理が必要になます。

シェーバー

数千円で買えます。スイッチONするだけでキレイに剃れます。カミソリほど慎重にならずに剃れて、肌を傷をつけにくいのが特徴。IラインはOラインなど見えにくい部分も慣れると綺麗に処理できます。ただし肌表面に出たムダ毛だけを刈り取るように剃りするので、すぐに生えてきます。生えた部位の毛は剃刀同様チクチクして痛痒いです。

毛抜き

数百円程度で購入できて何年も使えます。根っこから抜くので何日ももちます。生えてきたときにザラザラチクチクする不快さがありません。ただ1本ずつ処理するので手間と時間がかかります。IラインはOラインなどの見えにくい部分はホントに抜きにくい。また埋没毛になりやすく、毛を抜いた部分に雑菌が入りやすいので注意が必要ですね。

除毛クリーム

1,000円前後で購入できて、一定時間塗って水やお湯で流すだけなので簡単。毛を溶かすので時間は厳守しなければいけません。毛を溶かすほど強い薬液なので、皮膚が弱い場合、赤くなったり痒くなるなど肌トラブルの起こる恐れがあります。敏感肌の方は避けたほうが良いでしょう。

ブラジリアンワックス

数百円〜数千円。ムダ毛の部分に溶かしたワックスを塗って、専用の紙や布を貼り付け、固まったら紙や布ごと一気にはがします。毛根近くから引き抜くので長持ちします。仕上がりはキレイで何日もチクチクしません。ただ処理そのものも痛みがありますし、処理後も数日間ヒリヒリした痛みと赤みが残ります。

 

自己処理はいずれも一長一短ありますね。

【アンダーヘアを自己処理する方法のまとめ】

自己処理のアイテム 長所 短所
1、カミソリ 安い簡単 すぐに生えてくる、チクチクする、皮膚も剃りやすい
2、シェーバー 簡単 すぐに生えてくる、チクチクする
3、毛抜き 生えてきたときチクチクしない。カミソリより長持ち 痛い、炎症を起こしやすい、時間がかかる
4、除毛クリーム 簡単 皮膚が弱いと肌トラブル(赤み、かぶれ等)
5、ブラジリアンワックス 長持ち、仕上がりキレイ、チクチクしない 痛い、直後〜2、3日はヒリヒリする

こんなデリケートゾーンこそエステティシャンというプロの手をかりて脱毛すれば、仕上がりもキレイ。痛みもほとんどありません。

 

脱毛サロンで施術すれば埋もれ毛にもならないのはモチロンのこと、黒ずみも解消できるといううれしいオマケもついてきます。脱毛後の肌ケア美容液が美肌に整える効果があるようです。確かにアンダーヘアのところに自分で美白クリーム塗りこんだりしませんからね。脱毛しなければ決して受けられないケアですよ。

 

ちなみに人気Vラインのアンダーヘアの形はダントツ1位が小さ目逆三角形、2位が長方形です。3位はツルツル。

 

男子の意見は「ボーボーは萎える」っていうのが大半でした。綺麗にしていると
「遊び慣れている雰囲気かも……」
と心配しがちですが、そうでもないようですね。

 

見えないところまでケアしている女の子ということもあって、かなり好評!

<<脱毛ラボのVIO施術体験談>>
脱毛ラボのVIO施術は、かなり効率的。冷たいジェルを塗って光照射をします。短時間で済むようにスタッフが二人で施術。渡されたバスローブの下は何も着なくてOKですが、抵抗のある場合は紙ショーツを100円で購入することもできます。

 

照射する光を遮るために、目にタオルを当ててサングラスをかけます。美肌効果の高いジェルを素早く塗った後、どんどん光照射が始まります。バッバッというフラッシュの音とともに若干の熱い痛みが走ります。よくいう「輪ゴムではじかれた程度」というものですが、いつもの輪ゴムより太めって感じ(痛い)です。太めの毛だから仕方ないかな。気になるのはデリケートゾーン脱毛時の体制というか、恰好ですよね。

 

Vラインは、普通に仰向けです。
Iラインも仰向け。片脚を伸ばして、片脚を「く」の字に曲げます。
Oラインはうつ伏せです。スタッフの一人がお尻のほっぺを広げる感じで、一人が照射。

 

こちらが恥ずかしくないように気遣いもあって、素早くテキパキ進めてくれるせいかホント事務的です。全身脱毛にデリケートゾーンが入っているのに断るお客さんは、ほとんどいないそうです。

 

>>アンダーヘア脱毛の実績も豊富な脱毛サロン♪

アンダーヘアの処理はどうしている? | 全身脱毛姫路エントリー一覧

アンダーヘア脱毛での注意点

脱毛処理の人気部位として下腹部、アンダーヘアの脱毛があります。「はたしてそんなところまで脱毛する必要があるの?」「ハイジニーナ脱毛の必要性はあるの?」美容業界の用語ではハイジニーナはV ライン・Iライン・Oライン全てのVIO脱毛を指し、衛生という意味を持ちます。男性用語ではパイパンとも。特に夏の時期...

続きを読む

デリケートゾーンのボーボーは萎える?男心を知ったらケア!

Vライン、Iライン、Oライン(ビキニライン、アイライン、オーライン)の脱毛は嫌らしい恥ずかしいというのが先に立ってしまいがちですが、今はハイジニーナという言葉も浸透して、多くのメリットが挙げられます。衛生という意味を表すハイジーンからきている言葉でパイパンとか無毛より、ずっと女らしい響きですね。VI...

続きを読む

oラインの自己処理ってどうなの?

Oラインの事前処理は「見えない」「手が届かない」という点から、基本的にスタッフさんにお願いできます。VIOラインはOラインだけでなく、本当にデリケートな部分ですから衛生面にも配慮したいですね。Oラインに関してはシースリー、ミュゼは無料でスタッフさんが剃ってくれます。注意点は自分のシェーバーを持参して...

続きを読む

iライン脱毛の範囲とはどこ?

脱毛サロンで提供されている脱毛箇所は実にいろいろな場所があります。全身死角なく360度ありとあらゆる部位に対応しているんですね。Iラインもそのひとつ。範囲としては足の付け根となる女性器の周りの陰毛が生えている部分になります。脇脱毛がどの店舗でも一位の人気の部位となっていますが、もうひとつ人気の箇所と...

続きを読む